多摩つばさ法律事務所

受付時間:平日9:00~18:00 / 定休日:土日祝日

費用のご案内

HOME > 費用のご案内

弁護士費用の概要

弁護士に相談、依頼を行った場合の費用については、概ね次のような種類になります。
なお、具体的な金額は、ご依頼の内容によって異なります。

費用報酬の種類

相談料

法律相談の際にお支払いいただく費用です。

・原則、30分あたり5,000円(消費税別)をいただきます。
・法律相談の結果、ご依頼いただくことになった場合には、相談料は下記の着手金に含み、別途いただくことはありません。
・ご依頼をご希望の方が、相談の結果、受任に至らなかった場合には相談料はいただきません。

着手金

・ご契約後、業務に着手する前にお支払いいただく費用です。
・依頼案件によって得られる経済的利益等基準にして算出されます。

報酬金

・弁護士が事件を解決した段階でお支払いいただく費用です。
・依頼案件の結果によって得られた経済的利益や成功の程度を基準として算出いたします。

実費

コピー代や切手代、住民票・戸籍謄本の取得費用、裁判所へ行くための交通費や裁判所に納付する郵券代や印紙代など)があります。

その他

事案によっては、日当(遠方への出張に対する費用報酬など)や手数料などをいただく場合があります。

具体的な弁護士費用について

相談したい事件について、弁護士に依頼した場合にいくら費用がかかるのかは、一番気になる点だと思います。

着手金や報酬金の算出については、多くの法律事務所で、経済的利益等を基準にすることが一般的となっておりますが、ホームページ等で経済的利益を基にした詳細な算出基準を示されていても、結局弁護士報酬がいくらになるのかご自身で算定できないことが多いのが実情です。例えば、離婚事件において、離婚した場合には経済的利益はいくらなのか、そこに慰謝料や財産分与が加わった場合にはいくらになるのか、なかなか分かりにくいものです。また、依頼時にはわからなかった報酬額を基にする事情が、事件が進むことによって明らかになる場合もあります。

また、弁護士報酬の算出においては、経済的利益のほか、事件の難易度や、事件の進行度合い、実際の経済的利益の回収可能性等、様々な事情が考慮されることがありますが、全く同じ事件が一つとしてないように、これらの事情についても千差万別であり、やはり弁護士費用がいくらになるのか把握しにくいものとなっております。

このような事情から、弁護士に依頼するにあたっては、不明な点の多い弁護士費用こそが、最も不安に感じる要素の一つとなっており、実際に弁護士を依頼するにあたっての大きな障害となっていることは事実です。

「多摩つばさ法律事務所」は、このような、ご相談者様の弁護士費用に対する不安に感じているということを最大限理解し、ご依頼をいただく前に、ご相談者様から個別のご事情をきちんとお伺いした上で、それぞれの事件やご相談者様のご事情に即した、丁寧かつ明朗なお見積もりをご提示し、ご相談者様にご安心いただくよう努めて参ります。

当然ですが、お見積もりや費用の説明を受け、その結果、ご依頼を見送られたとしても全く問題ございません。
したがいまして、費用がいくらかかるのかご不安な点がある場合にも、安心して当事務所をお訪ねください。